府中市,歯科医,インプラント

インプラント

近年の歯科医療最大の進歩としてあげられるのが
オステオインテグレーション(骨結合)をするインプラントの発明です。
これは従来のバイオセラム、サファイアインプラントと根本的に異なり、
純チタンにより骨と細胞レベルで結合します。
そしてきちっとした炎症と咬合のコントロールのもとでは
永久的に使用可能なものとして世界中で認められています。
特に、以下の状態において有効と思われます。


○欠損があり普通はブリッジとなるが両側の歯が虫歯もない場合
○通常は部分的な入れ歯になってしまう場合
○総入れ歯(特に下)が動いてしまう場合


■カウンセリング重視の診療体制

アストラテックインプラント

特に奥歯がなくなってしまった場合にインプラント+かぶせものにより、きちんとした咬合を作ることは咬合の安定にとても有効です。(いくら良く作った義歯でも必ず沈下は起こってしまいます。)

また欠損部の顎堤(どて)の保存にも大きな意味を持ちます。
それは骨の中に歯根またはインプラントが入っていることにより経年的な骨の吸収を防ぐことになるからです。
インプラントも全てのケースで可能なわけではなく植立する骨の高さ、幅が必要です。
その骨の保存の意味でむしろ若い時に植立をする方が望ましいわけです。
インプラントの失敗のケースが紹介されることがありますが、きちっとした管理のもとではうまくいくことは40年以上のデータで実証されております。

■アストラテック・インプラント

インプラントについて

インプラントはチタン素材で作られており、生体親和性に優れています(拒絶反応がほとんどの方に発生しません)
埋入されたインプラント基材は、自然にご自身の顎の骨と結合し、入れ歯とは比べ物にならないほど強くかむことを
可能にします。

当歯科医院のインプラントはアストラテック・インプラントを採用しております

スウェーデンのブローネマルク博士が初めて人間にインプラント埋入を行った1965年9月より40年以上経ちますが、その間にもインプラントの技術革新は行われ続けてきました。
アストラテック・インプラントはインプラント埋入後におこるボーンロス(骨の退縮)に対応したインプラントシステムであり、定期的な歯科医院でのメンテナンスと自宅でのケアをしっかり行っていただければ、
長期にわたって快適な口腔内環境を保ち続けることができるインプラントシステムです。

骨の量が少ないなど、インプラントが困難と言われた方の場合

いままで、骨の量が少ないことでインプラント埋入ができなかった方でも、骨増量などを行うことによりインプラントが可能になる場合もございます。

楽しい食事を可能にします

第二の永久歯と言われるインプラントは入れ歯にくらべ格段に噛む力が強くなりますので、
食事の幅が広がり、入れ歯では食べられなかった食事も楽しむ事ができるようになります。

カウンセリングが基本です

インプラント手術は時間がかかります。また健康保険適用外ですので十分なカウンセリングが大切です。
インプラントをご検討の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

※インプラントなどの高額治療は年末の控除対象になりますので領収書などは大切に保管してください。
詳しくはスタッフにお問い合わせください。
または国税庁 タックスアンサー をご覧ください。

■症例

アストラテックインプラント アストラテックインプラント 術後
インプラント埋入後(上顎) 治療後(上顎)
アストラテックインプラント アストラテックインプラント 術後
インプラント埋入後(正面)   治療後(上顎)